2018年5月8日 未分類 0

 

仮想通貨を保管する方法には大きく3つあります。

取引所に保管

ハードウェアウォレットに保管

ソフトウェアウォレットで保管

です。

取引所に保管

最初は取引所に保管するのがよいのではないかと思います

ただし、必ず二段階認証を行いましょう

日本の金融庁に登録されている取引所はコインチェックのNEM不正出金事件以降、頻繁に指導が入っていますので最低限のセキュリティは保たれています

金融庁がセキュリティ、ハッキングに対して大丈夫ですよ

と言っているわけではありませんが、海外の仮想通貨取引所と比較すると安全かと思います。

また、複数の取引所に登録し、ウォレットをいくつかつかうようにしましょう。

保有している仮想通貨を分散して保管することで、ハッキングされてすべてを失わずにすむことになります。

ハードウェアウォレットに保管

ハードウェアウォレットは有名なものでは、レジャーナノSが有名ですね。

このハードウェアウォレットはビットコイン、イーサリアムはもちろん、リップルが保管できるため、よく使われており私もリップルの保管に使用しています。

他にもトレザー、デジタルビットボックスなどがあります、今のところリップルのXRPが保管できるのはレジャーナノSだけです。

ソフトウェアウォレットで保管

ソフトウェアウォレットは、パソコンやスマホにソフト(アプリ)をインストールして、その中に保管するものです。

Bitcoin Coreなどのソフトウェアウォレットがありますが、正直、ソフト、アプリですので取引所、ハードウェアウォレットに比べるとセキュリティが心配です。これはもう信頼性と自分のイメージだけのもんだいですが。

まとめ

私は初心者であれば、仮想通貨取引所を複数口座を開いて分散して保管するのが今のところ一番良い方法ではないかと思います。

保管方法を間違えなければ、ハードウェアウォレットが一番よく、私はハードウェアウォレットを複数使用していますが、使い方を間違えたり、紛失、パスワードなど失くしてしまうと永遠に仮想通貨が引き出せなくなってしまいます。

そう考えると、リスクとユーザビリティで仮想通貨取引所のウォレットが一番安心なのかな?と思います。

もちろん100%安全なんてことはありません。

コインチェック、マウントゴックス、リップルトレードジャパンのようなことはこれからも確実に起こることは間違いないでしょう。

しかし一番、くやしいのはたぶん「セルフゴックス」(自分で失くしてしまうこと)でしょう。

とにかく、リスクを考えて自分で決めるしかないでしょうね。