2018年5月3日 未分類 0

率直にいうと私のが調べ、実際に調べてリップルの取引所を比較した経験では、今のところビットバンクビットトレードなどが手数料も安く、セキュリテイもしっかりしており、かなりオススメです。このサイトがリップルの取引所の比較が詳しいのです。

その私の中では比較した結果

  • ビットバンク
  • ビットトレード
  • ビットポイント

の3つがよいです。

コインチェックが当初リップル扱う取引所の中では安心で安全だったのですが、2018年1月にNEMの不正出金があり、信用がガタ落ちになりましたね。

わたしもコインチェックを利用していましたので一時、リップルとLISL(リスク)の出金ができず非常に困って経験があります。

半分あきらめていたんですが、NEMの保証もありよかったと胸をなでおろしました。

それでは少しリップルの取引所の比較をしてみましょう。

1位 ビットバンク

ビットバンクは2018年前半にはリップルの取引量が世界一になるなど、リップルのXRPの売買には人気の取引所です。

ビットバンクは
売買手数料は無料

  • スプレッドは1%未満
  • 入金手数料無料

出金手数料は3万円まで540円、3万円以上が756円となっています。

セキュリテイは

  • 二段階認証
  • XRPのコールドウォレット
  • XRPのマルチシグ対応

となっており、仮想通貨XRPにはマルチシグ機能はついていないのですが、独自にマルチシグ対応しており、これはまだビットバンクのみが公式に発表しているものです。

取り扱い通貨は

  • ビットコイン
  • リップル
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • モナーコイン
  • ビットコインキャッシュ

となっています。

2位 ビットトレード

ビットトレードはあまり露出も少なく、知名度がないですが、取引システムはビットバンクと同じものを使用しており、トレードソフトは色違いです。

売買手数料は1%未満でスプレッドも1%前後と低いです。
入金手数料無料
出勤手数料は648円
です。

セキュリティは

  • 二段階認証
  • XRPのコールドウォレット

です。

3位 ビットポイント

ビットポイントは日本の取引所でありながら、台湾、中国、韓国、ホンコン、サモアなどにも進出しています。

売買手数料は無料
スプレッドも約1%前後とひくく
入金手数料無料
出勤手数料は銀行への振り込み金額実費と考えてよいです(324円から)

セキュリティは

  • 二段階認証

取り扱い仮想通貨は

  • ビットコイン
  • リップル
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ

です。

まとめ

とりあえずおすすめのXRPの購入できるリップルの取引所を比較し3つ紹介しました。

その他にも、GMOコインや、DMMビットコインなどがあります。

仮想通貨の取引所はいくつか登録してウォレットに分けて仮想通貨を保管するのがかしこい方法です

上位の3つを登録しておけばよいでしょうね。