2018年5月3日 未分類 0

現在の仮想通貨は、ほとんどが投資として考えられており、みんなが気になるのはもちろん価格です。

それも、今買ったら一体、今年中にいくらになるのか、ではないでしょうか?

ちなみに2017年は年初、1円未満、中盤で25円ぐらい年末は400円近くまで高騰、簡単に計算しても400倍です。

1万円分買っていたら400万円です、夢がありますね。

その時はほとんどの人が仮想通貨がこんなに上がるとは思っていなかった為、年末になって飛びつく人がたくさん。

年始には価格が急落してしまったため、損したと感じる人も少なくない状況でした。

しかし多くの仮想通貨が年末に高騰しましたが、ほとんどが2017年9月、10月水準から考えると価格は伸びています。

それではリップルのXRPの価格はどうなるのでしょうか?

2018年のリップルの価格予想

2018年末までには1XRPが1000円になるのではないかという予想が多いのではないかと思います。

SBIホールディングスの北尾CEOもリップルの価格は2018年末までに10ドルになるのではないかと言及していますし、他にもグーグルペイと提携すれば10ドル、その後600ドルまで高騰するという予想をする専門家もいます。

私としては、2018年はリップルネットの実用が始まり、XRPも使われるようになるため、年内1000円が妥当なリップルの価格だと考えています。

2020年のリップルの価格予想

2020年には1万円と言う人もいますが、私は5000円ぐらいが妥当な価格ではないかと考えています。

もし1XRPの価格が5000円になると、XRPの発行枚数は1000億枚ですので時価総額500兆円になります。

東証一部上場企業の時価総額計が約650兆円ですので、このぐらいかな?と感じてます。

あくまで感覚でしかありませんが。

しかし実際は、世界中の銀行送金のブリッジ通貨となればそれ以上の価格もありえます

実際に1000ドルを予想する人もいるぐらいですので侮れません。

今後のリップルの価格予想は?

2020年以降の価格については予想は1万円いけばいいかと思いますが、なんと8000ドルと予想する識者もおり日本円で約90万円近くと2018年4月ごろのビットコインと同じ水準です。

これはあくまで希望価格とみても、1000ドルはもしかすると夢ではないかもしれませんね。

リップルの価格はまだ、2018年4月現在では100円前後ですので今から買うのもOKですよね。

これが1000円になっても1万円、10万円になるなら、全く惜しくない投資ですので少し購入を考えているのであれば投資してみるのがよいのではないでしょうか。